忍者ブログ
あおペンギンが主に三国志大戦2やアルテイルを考察、 新ゲームなどにもふれていきたいなぁ・・
August / 25 Sun 08:07 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

March / 07 Wed 12:05 ×
アルテイル(ファイル考察)の中身がカラッポなので、
慌てて書いています、あおペンギンです。

まずは基本からということですが・・・
構築済みファイルは良い出来なので私ごときは不要ですね。
さてまずは、コンセプトの決定です。
とはいえ構築済みパック+ミラマスグランによるカードくじ程度の資産では
コンセプトもへったくれもありません!

コンセプトに関しましてはこのカードはコンセプトになるよ!
といった感じで他日改めて紹介していきたいと思います。

今回は構築済みパックのそれぞれのコンセプトを
あおペンギンなりに解説していきます。

リフェス=白=公式では黄 ・・・めんどくさい統一してくれ!(他力本願
このブログでは白及び白デッキと呼びます。

白デッキのコンセプトは
前衛を
ラステで回復!式典兵で強化です。
つまり応援団長が活をいれ、旗振りの旗が落ちないように前衛が踏ん張る
バンカラデッキです。
(バンカラの単語が思い出せず、色々検索しまくったことは内緒だ!)

さて、気を取り直してデッキ考察に戻りましょう。

このデッキでは既に優秀な壁役がいますから、
防衛に頭を悩ませることはありません。
しかし、問題は火力です。特にDFUPされると一気に火力が落ちます。
解呪は一枚きりなので切り札として大事に持っていく必要があります。

そこでハンマー殿です。
彼のアクションスキルは相手のDF無視なので序盤から中盤の固い相手には
ハンマーに風精霊OS(オープンスキル)を当てて使います。
アクションスキルの対象が未アクションの~なので
OSが通りさえすればほぼ確実に入ります。
欠点は素のAGIが1なためなかなか未アクションに出くわさないこと
風精霊バッティングやハンマー自身を返却!で無効化されること
RNG内ランダムなので対象に確実に当たらないことがあることですね。
しかし場に彼がいるだけでAGI1の相手前衛は出しにくい
(というか出せない・出さない)という利点もあります。

また前衛同士の比較では
聖戦士様のオートスキルはAGI2なため確実に効果を発揮するのはAGI1に対して
しかしAGI1に対してはハンマーの方が↑ということで
もし前衛枠をいじることがあるならハンマー>聖戦士ということになります。
無論、練達系SS(未アクションのAGI3以上のユニットを返却)を積みつつ聖戦士+ハンマーでAGI1対策だ!カーバンクルイラナイもありです。
この辺は試行錯誤を楽しんでください。

↑で少し触れましたがAGIの統一というのも有効なデッキコンセプトです。
例えば自分が出すつもりのユニットがすべてAGI2以下であった場合
相手の練達系SSに対しては相手がこちらのAGIを操作するしかなくなります。
AGI操作の手段は多くなく一般的には風精霊のOSを当てる!でしょう。
風精霊OSに関してはバッティングや水精霊での相殺が有効、
返却対象はすべての~なのでこちらにAGI3以上がいなければ
相手は自分のAGI3以上の中から選ばなくてはいけなくなります。
それが相手主力ユニットだったりすると・・・。

除去SSは強力で汎用性も高いのですが、
不発ならまだし自軍主力を除去した時の被害は尋常ではありません。
くれぐれもご使用にはお気をつけください。

このようにAGI統一には相手除去SSに強くなり(場合によっては弱く・・・)
自軍除去SS の暴発を回避できます(こちらはほぼ完璧に)。
現環境では、圧倒的に練達系SSが多く三枚積んでいることも・・・。
低AGI統一は現状有効な手段だと思います。

続いて強化パックを3パック購入すると・・・?という考察をやります。
強化パックはミラマス中級を一月頑張れば買えます!
てか300円ですから三国志大戦1プレイ分です。
・・別にデックス様から何ももらえませんよ・・・。
ただ構築済みパックのみだとやはりどうしようもない局面も出てくるので・・・。
300円の投資でそれなりに遊べる!さあみんなで買おう!(開き直り
私は買いませんがね!
脱線が多く、長くなったので続きは後編ということで・・・申し訳ない。
PR
NAME
TITLE
MAIL
URL
VOICE
EMOJI / FONT COLOR
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL :
ADMIN | WRITE
 
"あおペンギン" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.