忍者ブログ
あおペンギンが主に三国志大戦2やアルテイルを考察、 新ゲームなどにもふれていきたいなぁ・・
December / 16 Sat 17:51 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

September / 24 Mon 20:17 ×
明日は待ちに待った?9弾発売日ですね、あおペンギンです。
無課金プレイヤーは大して感動がなかったり?くじのカオス度が増すだけだよっと。

そんなわけで、しばらくLHに手が出せなくなるのでファイル製作。

お題「AT100」
レベル6が出ようがL3ミラーになろうがお構いなし!そんなファイルです。

聖騎士×3  月公国の長刀使い×3 雇われの傭兵×3 魔術鎌の戦士×3
魔歌・魔楽器×6
後適当に・・・、手抜きだ!

AGI勝負を避けオープンダメをいなしAT100。
無難無難。もちろん素でポンと出せますし。

これ+お好きなコンセプトで~。
まぁ手札ガンガン消費∩優勢がない悲劇~回避の点からルティナとか・・・。
黒は取り巻き優秀だからねぇ・・・陰陽なんか大嫌いだー。

上記に+12
ルティナ×3  ズガテロザ×2 妖精の踊り×2 狂信×1 白骨狂×2 水の精霊×2
白骨狂が実はお気に入り・・・援護にも使える良い奴なんです。
2枚くらい戻してくれるとありがたい。容赦なきとやり合っても無傷で勝利します!
狂信は脅し用です。踊りで落とせば「手札にもう1枚ある」とフェイク。
ノーセットされるのが一番イヤだからね。逆にこちらはガンガンノーセットします。
闇勢が少ない気がするが・・・。水の精霊はいらんね。夜の魔女でも何でも。

入ってないけど陰陽は入れて置いて損はないです。
リフェスのお手軽グリモア援護に当ててあげると相手は悶絶します。

うむ、できればズガさえ抜いて大型なんかイラネで頑張ってみてください。
次回、ひたすら高速!に乞うご期待?
PR
September / 17 Mon 12:02 ×

手がアイテイル、あおペンギンです。

ヒーローズがご無沙汰なので今回も
小型で何とかしてやろう!
といった主旨で書きます。

ファイル
一角獣×2 聖騎士×2 飛べない鳥の王様×1 
月公国の長刀使い×2 
落ちこぼれの勇者×2 一撃必殺の格闘家×2 火炎竜巻の翼竜×2 豹の霊×2 
海底の猟師蟹×1 練達の魔術師×2 青の獣術使い×2  
大地の巨大蛇×1 王の守護者×1 妖精の踊り×2
水の精霊×3 治癒呪文×2 無慈悲な死×1

基本コンセプトは優勢L3連打ですが、今回のは負けてもチャレンジ~が狙いです。
SP供給用に妖精の踊りを手札にきててもう一枚引く必要のないカードを落としてください。
・・・手持ちばれちゃうけどね。

白優勢の低ゲットでお目見えする星竜には角で一発かましてあげましょう。
高ゲットは聖騎士+水で2ラウンド決戦だ!くらいで・・・。

黒優勢は手が出せない・・・ルティナ・アイギナは翼竜で処理できるので・・・ガンバ!

落ちこぼれは豹と組み合わせて一発狙い、一撃は単体で一発狙い。
L3対決でも劣る事は少ないでしょう。

青優勢は練達+獣術でドロー強化+青蟹までは撃破です。
水竜には負けるのですが、負けても2ドローなので巻き返しは利きます。

鳥王は無慈悲が引けたら獣使いで呼ぶくらいで・・・。
守護者は別に鳥王蘇生用ではありません。モンスターサーチ可能な大型という事です。
・・・まぁ鳥が戻ってきても。(欲張り

大地蛇も同様。中盤に出して次L3以下(水精霊でも何でも)で手札に戻し、
赤優勢で再度出てくると見せかけて相手のズガ・無礼武を釣り、豹勇者で撃破!
・・・夢じゃないさ~。

夢のコンボが多々はいっているので少なくとも浪漫はあると思います。
先攻・後攻がいないので(鳥がいるじゃないか・・・)対策系を無視できます。
オープンダメージは水の精霊でいなしましょ・・・。

September / 07 Fri 11:24 ×

こんにちは、先日のファイルと同一のものは組めないので、
各IDを総動員して検証してきました、あおペンギンです。

一手に収めてはいないので確度は低いとは思いますが・・・。

まずは第一感、東方剣士は浮いている。

確かに豹の霊で強化すれば何の問題もないです。
しかし、揃わない場合、他と比べて働きどころがやはり弱かった。
援護もオープンダメが期待できなければ重いだけの弱援護となります。
そして豹の霊の使い道も狭いです。
一応、優勢長刀に使えばオープンダメ回避のAT100なので使い道はあるのですが・・・。

収穫もありました。
1.やっぱり3枚積みは自然ドローでも手元に入りやすい。
2.故に適当ドローするカードとはすこぶる相性が良い。
3.後攻付与の手段は意外と多く手が広い。

1.2.3と反省を生かしたファイルを考察します。

タイトルにもなっている「勝ちは拾うもの」ファイルです。

聖騎士×3 剣を取る市民×3 月公国の長刀使い×3  
妖精の踊り×2 石化×2  
海底の猟師蟹×2 魔法王国の細身剣の剣士×3 魔術の長槍×2 
木精霊の剣士×2 木の精霊×3 ユーニ×2 

と、ひたすら後攻キラーを主張してみました。
相手が後攻を出すのを嫌がれば無理やり後攻付与します。
メリットはAGI勝負を考えなくていいことだと思います。

欠点は総じてオープンダメージに弱い。
また石化~細身剣はAT足りない危険もあります。

剣を取る市民はノーセット回避と援護ユニットです。
優勢援護なしなら聖騎士と大差ないです。投げ兵は・・・。
木精霊による後攻付与は手札に来る事故?対策にユーニです。
また妖精の踊りは、これ以上手札に来なくて良いカードを事前に落とすことで、
欲しいカードが来る確率を高めます。手がばれるのはそれなりに問題なんですが・・・。

青蟹敗北エリアスキルでオープンダメージを回避できれば、
後攻付与からの高AT・AGI無視は必勝パターンとなりえます。


ファイル総数27枚なのは後はどこを補強すればいいか?
との題に回答を出せなかったから。

候補としては、

新米の魔法剣士
敗北エリアからのHP支援をメインに援護も出来、魔術槍の対象ともなる。

美声魔歌
なんでも援護屋。

毛玉
適当ドローとノーセット回避の達人?

ズガテロザ
言う事はない。妖精で墓地が増えやすいので相性は良い。

一撃必殺の武術家・一角獣
優勢の一発屋・一撃ならゴウエン全任・一角は市民と範囲をカバーしあえる。

治癒呪文・聖竜
LP操作はやはり大きいです。妖精でSPが足りるとするなら入れてもいいでしょう。
たくさんは積めないので出来ればサーチしたいが・・・。

氷縛結界
細身剣士は石化だとATが足りない危険があります。
またオープンダメージ与えられれば或いは・・・そこで決まるならそれもいいですね。

どれを入れるかによって対処できる方法やSPの投資先が変わるとは思います。
オープンダメには本当に弱いので美声や新米に頼りたいが・・・。
また27枚も「ここは二枚積みでいいんじゃない?」というところは多々ありますが、
適当ドロー主体なため、手を広げすぎると、かえって何も出来なくなる危険があるので。
しかし、新米入れるなら市民を削るとかは十分な選択肢です。

さらに優勢赤は一撃任せにしてしまうのも有効です。
後攻付与のコンセプトに固執しているため赤の構成はあれですが重いです。
一撃任せと割り切って他の部位の梃入れをした方が安定感は増すでしょう。

以下、上記考察を踏まえたファイル

聖騎士×3 剣を取る市民×2 月公国の長刀使い×3
一撃必殺の武術家×3 妖精の踊り×2 石化×2 氷縛結界×2
海底の猟師蟹×2 魔法王国の細身剣の剣士×2 新米の魔法剣士×2 魔術の長槍×2 
ズガテロザ×2 美声魔歌×2

一応こんな感じ、毛玉も入れたいが・・・石化は全部結界にしてもいいです。
ただL3+SP3は最初のコンセプトから外れやすい・・・もう既に完全に外れていますがね。
治癒呪文はそれこそ!毛玉を確保できないため、いれられないのも事実。
新米+治癒は面白いのですが。SPは足りる!という方は氷3・治癒1でもいいです。
ズガ・美声は・・・やっぱサブの選択肢はいるよね。

魔術の長槍プッシュの話・・・。
昔、白・青混色で魔術の長槍でフィニッシュ!なファイルを使っていまして・・・。
近衛兵と青蟹と魔法王国の魔法剣士が並ぶファイル・・・。すさまじいでしょ?
しかも槍のためだけにゴウエン影響3振ります。良く勝ってたなぁ・・・。

結局、個人的趣味をはずせないのは問題かなぁ・・・。

September / 06 Thu 12:43 ×
最後にファイルつくってみましょうかね、あおペンギンです。

聖騎士×3 ラフィーレ×2 細身剣士×3 長刀使い×3 東方剣士×3 
魔楽器師×2 魔歌×3 豹の霊×2 魔術槍×2 ズガテロザ×3 鳥×2 水の精霊×2

いやいやいや、ファイル構築して思った事は、
的外れな事言ってるんじゃないかという不安。

鳥と水精霊が苦心の跡です。鳥は一発先攻を落とせればおk程度。
基本的にはノーセット潰しが欲しいという訴求。
魔歌でもいいです。負けたら魔楽器と組んで・・・。
水はポスト毛玉。ドローのタイミングは遅いですが他の効果もあり援護にも使えるので。
もちろん毛玉でも十分です。

アイギナはやはりはずしました・・・んでズガを・・・。
SP4で~のコンセプトからは大分脱線してますが、
手札がかぶる可能性の高さから適当のような気もします。

まぁ真のコンセプトは自然なドローとSP供給で手広く立ち回る・・・なんですがね。
とりあえずカードが全然足りず回せないのですが・・・誰か検証しておくれ。
ヒーローズでもブルジョアして欲しい今日この頃。
September / 06 Thu 11:07 ×
と、まぁ前回タイトル決めて記事を書き出した時とは、
まったく違う展開になって
自分自身の行動に困惑、あおペンギンです。

本当は適当なカードに適当な援護つけて、
これこれはこのケースに勝てるよ~便利だね~。
くらいのノリの予定だったのですが・・・。
あれですな、小人閑居して不善を茄子。

・・・さて、健闘してみます。
SP4!SP4!と言ってましたが実際はもう少しぬるいのでご容赦を・・・。

リフェス

ラフィーレ+回復の粉(SP5・手札2)
しょっぱなからSP5か!との突っ込みありがとう。でもSP2増えてるじゃない・・・堪忍。
守備力強化でもいいのですが、ここのHP20はそれほど大きくはない。
ならばほぼ確実に発動するこちらをと言う選択です・・・。
しかし、L1オープンダメとは後出し勝負になるので守備力強化で耐えるのもありです。
また水精霊なら援護発動なためオープンダメを確実にかわせます。
炎の玉は仕方ない・・・。

訂正追記
・・・魔楽器師でいいじゃない・・・。
書きだしなのでまだコンセプト固まってなかったと弁明・・・。
陰陽師に余計な仕事をさせてはいけません・・・ただでさえ弱いのに・・・。


聖騎士+魔楽器師(SP4・手札2)
あおペンギンの救世主・その1です。
これもHP援護でオープンダメを回避しつつAGI5のAT100です。
援護発動でAGI5になるためAGI4↑で~との縛りがあるオープンスキルはかわせます。
AT100は援護なし星竜・聖竜に確実に勝てるのでありがたいです。
他優勢ではAT50AGI5と勝てなくもありません、頭の隅に置いとくと良いでしょう。

星竜+魔楽器師(SP7・手札2)
L6にしかも援護です・・・。でもSPバック+1ドローがあるからと言い訳。
援護つけずに出るのはやめましょう。今回のコンセプトは勝ちに行ったら勝つ!です。

なんと以上です。
一角獣入れないの~?とか聞こえません。

ではこの調子で(ォィ)

ローティア

アイギナ+魔楽器師(SP4・手札2)
すご~~く悩みました・・・いまでも悩んでます。
黒3枚を墓地に~がこのファイルのコンセプトに反しまくっているのですが、
それを置いてもSP4で勝ちにいく!を考えると有力手なのです・・・。
強いだけに天敵も多いので注意。
妖精の踊りで闇精霊を落としただけでアイギナの存在がばれます。

月公国の長刀使い+魔楽器師(SP4・手札2枚)
わがコンセプトの救世主、その2です。
HP低いのは機動力で補えとばかりに魔楽器師、オープンダメもOK。
優勢でAT100なので十分。これを超えそうなHP援護ズガも優勢なら安定して狩れます。
また他優勢でも後攻持ち相手ならAT100。なくてもAT50は一つの壁を超えています。
更に援護としても使えて後攻キラーも発動です、汎用性十分。

やたら魔楽器師が多いのは魔歌が同スペックなので
実質6枚までいれられる、つまり引きやすいのです。
なのでユニットもこの援護と相性の良い者が揃います。

以上!
なんかもう・・・選択肢削りまくっております。
アルフォンスやヴェルベットはコンセプトと合わないので至極当然なのですが、
ズガは・・・入れたほうがいいんでしょうね。ルティナも・・・いや何も言う事はありません。

ゴウエン

なし(泣)

強いてあげれば、青年の勇猛果敢~+豹の霊なんでしょうが、
豹の霊の使い回しが利き難い為、私のコンセプト~という事でしたらなし、となります。
赤優勢なのに素のアイギナに負ける点も不採用の大きな要因。
ゴウエンは一撃必殺や長距離銃を入れることになるんですかね・・・。
上記ユニットは次点ユニットとして後述します。

追記
東方の女剣士+豹の霊(SP5・手札2)
完全に忘れてたわ~。
ローティア長刀とファルカウ細身剣と並んで注目していたカードだったのに。
ゴウエンには豹の霊というATぶっ飛びカード(HP援護付)があるため強化は楽ですね。
東方自体援護に使えて、その時も高AGIキラー健在なのでなかなか面白いんですよ。
豹の霊があぶれるのはイヤなので、果敢青年入れるといいですね。

ファルカウ
魔法王国の細身剣の剣士+魔術の長槍(SP4・手札2枚)
オープンで40ダメ与え、非優勢でもAGI5でAT60相当になり勝ち目が残ります。

オープンダメのみを見ればルビアが圧倒的に上位ですが、
HP20・援護として使えない・先攻が弱点になることも・・・などなど。
ルビアのダメージのMAXが優勢で110、非優勢だと90なのもひとつ・・・。
非優勢ではHP100に届かず、優勢でもHP20援護でやはり・・・。

こちらはオープンがゆるい分何かと可能性を残しています。
後攻キラーはサポートエリアでも発動できますので・・・。

一枚のカードの汎用性は、
カードの種類を制限しまくるこのコンセプトにとっては死活問題なのです。
魔術の長槍も、条件を満たしていなくてもSP1でオープン20ダメなため生きる道はあります。

以上
・・・ガマンガマン。

さて・・・と・・・どうでしたか?なんなら星竜は切ってしまってもいいです。
長槍と組ませれば最悪2ラウンドで~と思って入れたのですが・・・どこまでかは未知数。
個人的に唯一充実している(構築強化パックに入ってる)竜なので使いたかっただけとか・・・。

後ゴウエンですが、東方の女剣士に注目していたことをすっかり忘れていました。
追加しておきます。
ADMIN | WRITE
 
"あおペンギン" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.